ごあいさつ
やざわ青河(はるか)イラスト

はじめまして、やざわ青河と申します。
私は24歳で政治の世界に飛び込み、以後6年間、すがわら文仁県議会議員の秘書として地元の戸田市にて活動してまいりました。
議会では議員の発言や働きかけによって政治が動き、地元が発展する現場に立ち会いました。また地域では、議員に対する温かいご声援から厳しい叱咤激励まで、市民の皆さまの生の声を聴いてまいりました。
そして政治とはやはり、「百術は一誠に如かず」との言葉のように、一人の情熱や誠意から動くものだと知ることができました。
このたび私は地方政治の現場で身をもって学んだ経験、そして夢と情熱をもって市政に挑戦する決意を固めました。市民の「声なき声」に耳をすませて、次世代にツケを回さない提言を行ない、市政の発展に全身全霊を尽くしてまいりますので、ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

矢澤青河
やざわ青河のプロフィール
やざわ青河(はるか)プロフィール写真

茨城県つくば市 出身

3人兄妹の次男として生まれ、父の仕事の関係でつくば市に移住。少年時代は里山できのこ・山菜採りや木登りに明け暮れ、あだ名は「野生児」に。青河(はるか)という名前は筑波大学で日本語学を教える父がつけました。

市立小・中学校 茗渓学園高等学校 卒業

モノの仕組みや構造に興味があり、よく時計やラジオなど電化製品を分解していました。一方、6歳から始めたサッカーは大学卒業まで続け、高校へは毎日往復2時間かけて自転車通学。体力には自信があります。

国立鹿児島大学農学部(生物環境学)卒業

環境問題に興味があり、はるばる鹿児島へ。生物多様性や自然災害などを学びました。在学中、知覧特攻平和会館を何度も訪れ、同年代の青年達が家族に宛てた手紙を読み、ご英霊の思いに触れる。

ラヂオつくば(FM放送局)入社

開局したばかりのラジオ局で音響エンジニアとして勤務。防災や子ども教育の番組制作に携わる。ローカル局のため、少ない予算でやりくりする術を学ぶ。

埼玉県議会議員 すがわら文仁 秘書

ラジオDJの取材に同行した際にすがわら文仁県議(当時市議)と知り合い、初めて政治に関わる。県議当選と同時に秘書として活動スタート。以後6年間、県政・市政や地域活動など戸田市で政治修行を重ねる。


1986年5月21日生まれ
【趣味】フットサル、読書(歴史小説)
【好物】ラーメン


レポート・発行物ダウンロード
会派レポート13号 新型コロナ感染症(2020年07月発行))

第2派に備えを!

「新型コロナ禍。前代未聞の問題への対応を要望する日々」
「新型コロナに関するご意見対応」
「この問題にご注目ください!」
・日本のコロナ医療:酒井いくろう
・水害時の避難所運営:あそう和英
・災害時要支援者の課題:佐藤太信
・自治体広報のあり方:やざわ青河


感染症対策レポート3号

感染症支援策

支援カード、働く方や個人向けの支援、企業・事業者向けの支援

感染症対策

基本は手洗い×睡眠・食事×運動、日頃からの心がけ、症状が出たら

感染症に関する活動報告

戸田市への追加要望、これまでの活動

マスクの洗い方や作り方


会派レポート12号(2020年2月発行)

新型コロナウイルスにご注意を!

新型コロナへの対策について
戸田市新型コロナ対策会議
新型コロナについて、よく頂く質問
新型コロナに関する会派要望を提出!

会派レポート11号(2020年2月発行)

令和2年度戸田市予算編成における会派要望

令和元年9月議会

・巨額のコスト削減と住民サービス向上を両立する。
・花火大会、市民が満足する大会を!
・上下水道、耐震化が進まない理由は?
・多剤服用・残薬、対策の推進を!

台風19号(続報)Q &Aと戸田市の今後の対策

会派レポート10号(2019年11月発行)

台風19号による被害状況と戸田市への会派要望

令和元年6月議会

・教育、授業効果アップへの取り組みを!
・市長公約、事業の計画と進捗は!
・特別支援教育、サポート体制の充実を!
・東京五輪・パラリンピック、推進を!
・各委員会報告

会派レポート9号(2019年7月発行)

平成31年3月議会

・各委員会報告
・「前年比10%増」の予算は適正か?
・子育て、シッターなど訪問型の支援を!
・高齢者施策、買い物難民等への支援を!
・肺がん検診、X線の早期発見率3割!

会派レポート8号(2019年1月発行)

平成30年12月議会

・各委員会報告
・高齢者がいつまでも元気で楽しめる町に!
・市内各所で冠水被害!対策を!
・喫煙対策、条例に罰則を!
・財源確保、歳入確保と費用削減を!
・西部地域の自転車道整備推進を!

会派レポート7号(2018年10月発行)

平成30年9月議会

・各委員会報告
・ノウハウを蓄積し、民間活用の推進を!
・熱中症対策で小中学校体育館にエアコンを!
・市役所周辺でのふるさと祭り開催を!
・手話言語条例の制定を!
・休館中の図書館の今後は?

会派レポート6号(2018年7月発行)

平成30年6月議会

・人生100年時代のまちづくりを!
・地域猫活動、殺処分ゼロを!
・臭気問題、下水処理場の課題は?
・障害者差別解消法
・消防職員と救急命士増員を!

会派レポート5号(2018年5月発行)

平成30年3月議会

・医療センターの経営改善と質向上を!
・随意契約の適正化・透明化を!
・情報発信、イベントカレンダーの充実を!
・バリアフリー、各部署との連携を!
・ロケ支援、情報発信と更なる推進を!

会派レポート4号(2018年1月発行)

平成29年12月議会

・3月の市長選に向けた政策論議を!
・上尾の贈収賄事件、戸田市は大丈夫か?
・Jアラート受信、公共施設へ避難は可能か?
・スクールゾーンでの児童の安全確保を!
・ゴミ対策で適正管理と運営を!

会派レポート3号(2017年10月発行)

平成29年9月議会

・人事・給与・採用の改善を!
・ユニバーサルデザインを!
・上部公園、来年7月にパークゴルフ場!
・障害者雇用採用条件の見直しを!
・IT活用検証と更なる発展を!

会派レポート2号(2017年7月発行)

平成29年6月議会

・区画整理で7億円超の補償が発生!
・高次脳機能障害の実態把握と支援を!
・さくら川、歩道の安全確保と桜の管理を!
・新生児聴覚検査時の保護者支援を!
・交通の利用促進・安全適正管理を!

会派レポート1号(2017年4月発行)

会派結成!

メンバー紹介
3月定例会総括質問と一般質問のテーマ

「やざわ青河」レポート第1号

「やざわ青河」リーフレット
謙虚に、素直に、感謝を忘れず。

ご挨拶

アクションプラン

  • 日本一!!子育て・教育
  • 最優先!!安心・安全
  • 最重点!!健康・福祉
  • 最適化!!財政・まちづくり・環境

プロフィール

応援メッセージ

埼玉県議会議員すがわら文仁

やざわ青河 アクションプラン2017
日本一!!子育て・教育

少子高齢化・人口減少という社会のトレンドと逆行するように子供増・人口増が続く戸田市。小学校の教室や保育所の量と質の確保、そして子供たちが思いっきり遊べる居場所づくりを徹底的に進めます。産み育てやすく、しっかり学び、のびのび遊べる環境日本一の戸田を目指します。

戸田市の待機児童と受入枠
  • いじめ・不登校対策
  • 子どもの居場所確保対策
  • 教職員の負担軽減
  • 多様な支援により学力向上を推進
  • 部活動の活性化と環境整備の推進
  • 小中一貫教育の推進
  • 学生や退職教員による放課後学習教室の開催
  • 教育格差と貧困の連鎖防止
  • 産前~就学までの子育て支援体制の充実
  • 保育士等の処遇改善
  • 一時預かり、病児・病後児保育など保育の充実
最優先!!安心・安全

犯罪発生率、県内ワースト6位、そして今後30年以内に70%の確率で起こるとされる東京湾北部地震では、震度6強の直下型地震が襲うとされる戸田市。犯罪から大切な家族を守り、災害から生命を守るためにも、震災対策・風水害対策に最優先で取り組みます。

地震被害想定 震度分布図
  • 首都直下地震の減災に向けた対策
  • 災害時要援護者の支援体制の充実
  • 帰宅困難者対策
  • 災害備蓄品の充実
  • 自主防災や消防団への支援
  • マンション防災対策
  • 振り込め詐欺防止対策
  • オリンピック道路や北大通りの浸水対策
  • 子どもや女性への犯罪対策
  • 防犯パトロールの強化と防犯カメラの設置
  • 歩行者・自転車事故対策
最重点!!健康・福祉

これから数十年かけて、県内一の猛スピードでお年寄りが増える戸田市。これまで少なかった市内の医療・介護・福祉サービス需要が一挙に増大する20年後に向けた対策を最重点課題として進めなければなりません。高付加価値、高効率のケア体制を構築することにより、安心して年を重ねることが出来る戸田をつくります。

戸田市推計人口ピラミッド
  • 虐待・DV・自殺対策
  • 地域包括ケアシステムによる在宅医療介護の充実
  • リハビリテーション医療の推進
  • 生活保護の不正受給防止と自立支援
  • 各種がん対策の強化
  • ジェネリック医薬品などによる医療費負担軽減
  • 高齢者の生きがいと居場所づくり
  • 障がい者の自立と福祉就労の充実
  • 発達障害の早期発見と相談体制の整備
  • 五大疾病対策の着実な推進
最適化!!財政・まちづくり・環境

ここ数年、大規模公共施設の整備を続けた結果、財政構造の弾力性が失われつつある戸田市。納税者・生活者の立場に立って税金の無駄使いをチェックし、資源の有効活用と効率化・最適化を進めて全体の持続可能性を高め、次世代にツケをまわさない行政経営を促します。

戸田市経常収支比率の推移
  • 各種手当や助成の見直し
  • 予算・決算における公共事業のチェックの徹底
  • 公共施設マネジメントの推進
  • 国県の補助金・助成金・交付金の確保
  • 自転車通行環境の整備
  • 人と自転車中心のバリアフリー化推進
  • 新曽土地区画整理事業の円滑な推進
  • 河川の水質改善と護岸整備
  • 殺処分ゼロに向けた動物愛護の推進
  • 浄化槽の適正管理の推進
やざわ青河さんを応援しています!

やざわ青河さんは、一つのことを始めたら最後までやり遂げる集中力と忍耐力があります。彼は決して私利私欲を求めることはありません。
そして、何事にも前向きに取り組む彼の真面目な人間性については、彼を知る人なら誰もが頷くはずです。若干30歳のやざわ青河君は必ずやその若さと行動力を活かし、市民のために全力で応える活躍をするものと私は確信しています。最年少の新人「やざわ青河」を何卒お育ていただきますよう、心からお願い申し上げます。

埼玉県議会議員 菅原文仁
皆様のご意見をお寄せください!!

市政に関するご意見やご要望をお寄せください。どんな小さなことでも構いません。皆様の「声」が必要です。また、やざわ青河の活動を支えていただける方を募集しています。事務所でのお手伝い、政策レポートのポスティング、やざわ青河を友人・知人にご紹介いただくなど、どんなことでもかまいませんので、是非、お力をお貸しください。下記のフォームからも、ご応募いただけます。下記のフォームまたは郵送、お電話、メールにて受け付けています。ご連絡お待ちしています!

後援会事務所の地図はこちら